<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

朝倉市

栗山 利安(くりやま としやす)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将

黒田氏筆頭家老で、黒田二十四騎黒田八虎の1人である。黒田孝高の股肱の家臣として厚い信任を受け、家臣の中では序列第1位であり、一老と称された。子に黒田騒動を起こした事で有名な利章がいる。通称は善助(ぜんすけ)。



e0330673_18032620.jpg


[PR]
by officeseguchi | 2014-03-15 18:03 | 歴史

城門

麟翁寺



母里太兵衛の墓所



お寺の門は、益富城の裏門を移築しまだ現役で檀家さんたちを

出迎えている。


e0330673_22420398.jpg

[PR]
by officeseguchi | 2014-03-05 22:42 | 歴史

益富城大手門

母里 友信(もり とものぶ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将黒田氏の家臣。通称は太兵衛(たへえ、たひょうえ)、幼名は万助。但馬守を称す。

槍術に優れた剛力の勇将として知られ、栗山利安と共に黒田軍の先手両翼の大将を務めた。黒田二十四騎の中でも特に重用された黒田八虎の一人


後藤 基次(ごとう もとつぐ)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将黒田氏豊臣氏の家臣。通称は又兵衞で、後藤 又兵衛(ごとう またべえ)として広く知られる。黒田如水豊臣秀頼に仕え、数多くの軍功を挙げ、江戸時代に、「黒田二十四騎」「黒田八虎


e0330673_22232111.jpg


[PR]
by officeseguchi | 2014-03-04 22:26 | 歴史

御神木

なんか珍しい「木」


e0330673_22173462.jpg

[PR]
by officeseguchi | 2014-03-01 22:17